HOME > ビジネスハイライト > コモタのGマーク商品認定履歴
   
 

人間工学に基づき“人へのやさしさ”を第一に考えた、誰にでも使いやすいPOS・コンピュータの開発を続けているコモタ。
1986年には「クリスタルソフト7600・7700」がオフィス・店舗部門で通産省(現 経済産業省)のグッド・デザイン商品(通称・Gマーク)の選定を受け、さらに、コンピュータ部門では、「グッド・デザイン中小企業商品賞」を受賞しました。グッド・デザイン商品の選定を受けるためには「外観・機能・品質・安全性・経済性」の5つの選定基準により、厳しい審査をクリアしなければなりません。コモタでは、POS・コンピュータを含めて通算10回のGマーク選定を受けると共に、93年には、中小企業庁長官特別賞にも輝いています。

 
1986年
クリスタルソフト7600

クリスタルソフト7700
「グッド・デザイン中小企業商品賞」受賞
1988年
イーグル4700

イーグル4800

クルーザー PS-60

クルーザー PS-61
1991年
フィールドターミナル 3420

フィールドターミナル 3521
1993年
クルーザー PS-70

クリスタルソフト7800
「中小企業庁長官特別賞」受賞
 
 

Gマークの選定基準
1957年より毎年、通産省が選定する「グッド・デザイン商品」、通称「Gマーク」は以下の5点の基準で審査が行われる。

1,外観  : 美しく独創性のあるデザインであること。
2.機能  : 使いやすく且つ維持・管理も容易であること。
3.品質  : 高品質であり、
        適切なアフターサービス体制が保証されていること。
4.安全性 : 安全性について十分に配慮されていること。
5.経済性 : 適正な価格であること。